Home > アルター | フィギュアレビュー > 百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版

百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版

たまごとニワトリの話」の様に、オリキャラがヒットして小説(アニメ)が盛り上がるのか、それともオリキャラ作品がヒットしてその製品化(フィギュア化)が盛り上がるのか、マルチメディア展開というのはナニがヒットするかわからない昨今においては有効な選択肢のひとつと言えるかもしれません…まぁ、成功しなかった例は星の数ほど思い浮かびますが。(余計なことは言わんでいい)

結果的にラノベからスタートという形で展開され始めた『百花繚乱』シリーズは、アルターさんからのフィギュア化が発表されていたこともあってフィギュア購入層という非常に狭い範囲ではありますがなかなかの注目度と言えますね。

ホビージャパン誌上の連載枠で紹介されたり、第二弾の誌上限定販売という方式ということもあって、キャラクターの認知度に比べると原作的位置づけの小説版の存在は控えめな露出と感じますが、対戦型ビジュアルブックというもっとニッチなジャンルからの成功例もありますので今後の展開も楽しみです。

世界各国のガンダムファイター女の娘が、ソレっぽくお国柄を感じさせたフリをしてとりあえず戦ってみるシリーズと比べると、戦国武将(武将じゃないのもいるけど)の女性化というはちょっとひねりの無い直球アプローチ、第二弾のスク水ロリは誌上限定、第三弾のめがねメイド(AA)誌上限定のバージョン違いが存在するなど…とちょっとあざとすぎませんか?というシリーズ展開も、第1弾が妙に品薄スタートってところまでちょっと似てますね。(ほっとけ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://cuta.sakura.ne.jp/wordpress/wp-trackback.php?p=2087
Listed below are links to weblogs that reference
百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版 from CUT A NEWS

Home > アルター | フィギュアレビュー > 百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版

WEB拍手
過去レビューらんだむさん

めがちゅ! ファウナ アルター版
めがちゅ! ファウナ アルター版

グッドスマイルカンパニー 「舞-HIME 玖我なつき」
グッドスマイルカンパニー 「舞-HIME 玖我なつき」

ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス マックスファクトリー版
ゾイドジェネシス コトナ・エレガンス マックスファクトリー版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top