Home > フィギュアレビュー > GoodSmileConpany Archive

GoodSmileConpany Archive

おねがいツインズ 小野寺樺恋 水着Ver. グッドスマイル版

先日の関西遠征オフに行った際に、ボークスの特売コーナーに置かれていたものを買ってきたので、今更ですが「樺恋」です。
今までも何度か安売りの機会はあったのですが、その度に買いそびれていたので実にうれしいです。まーしゃ的にはかなり出来良い方なんじゃないかなぁと思っていたのですが、投げ売りはちょっと在庫が残ると出来に関わらず行われるようになっちゃいましたね

できが悪いモノはすべからくその様な道を辿るのは必然としても、できの悪くないものまでこうなってしまうとうれしい反面、大丈夫かこの業界?とちょっぴり心配になります。
さて、この「おねがいツインズ」シリーズですが、いろんなメーカーから発売されましたが特にグッスマとコトブキヤは同じように水着姿ということですが、思いっきり違うイメージなのが面白いところですね。(CUT A REVIEW :コトブキヤ おねがい☆ツインズ 小野寺樺恋 コトブキヤ版

しかし「樺恋」と「深衣奈」、最近はこういう名前もリアルで少なくないという話も聞きますが、最初は読めなかったねぇ。
特に「かばこい」の方はまぁわかるとして「ふかいな」の方は読めなかった上に、「みいな」と言われてもどんな字で書くのか思い出せないくらいだったからなぁ。
今は、「ふかいな」で覚えたからもう大丈夫です。(何が大丈夫なんだか)

このフィギュアは、初回発売が2005年2月ということで、そう言われると随分古いものに感じますね。
たしかに、去年のWF冬で「白水着」の限定版が発売されたものの瞬殺だとかで、すごい値段ついてたりするのをたまに見かけますね。
そう考えると今回はせっかくだからリペイント用にもう一個買っておくんだったなぁ…。

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Fate/hollow ataraxia セイバー 休日Ver. グッドスマイル版

「セイバー 休日Ver.」ということで、かわいらしい私服のセイバーさんです。

「ataraxia」を未プレイのまーしゃとしては、「休日Ver.」っても、ニートみたいなセイバーさんにとっては、毎日日曜みたいなもんなんじゃないかなぁとか、ファンのヒトに聞かれたら12回殺されそうなことを思ってました。(Fate本編しかプレイしてなくてもそんなこと思わねぇよ)

アニメも終わってしばらく経ちましたがいまだに絶好調ラインナップの「Fate」シリーズ、「ataraxia」がついたことで水着に私服にと、特にセイバーさんは常にそのラインナップの先頭を走ってる感じですね。
今回は、「アルター版」(未レビュー)、「コトブキヤ版」(未レビュー)、に続いての私服Verということですが、1/6という大きなサイズなところが特徴でしょうか。

しかし、ホントに月に一つは発売されてるんじゃないかなぁ「Fate」シリーズのフィギュアって、まだまだしばらくその勢いは続きそうなので、この調子だと棚の一段全部「Fate」シリーズで埋まりそうというか、きっとそうなってしまう気がするので、今のうちにいろんな検討をしておいたた方が良いでしょうね。
もちろん棚の方を増やす方向で…。

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

WAGA魔々かぷりちお メリッサ・セラフィ グッドスマイル版

すいません、レビューの文章を考えてる最中どうしても、「メリッサ」(ポルノグラフティ)の歌が脳内BGMとして猛烈にリピートされているまーしゃです。(挨拶)
そんな訳で、元のゲームはさっぱりです。そもそも、WAGA魔々…というタイトルでどんな解像度だろう?と思い、しばし後に「ああっ!」と気がついたまーしゃです。

これはWFでサンプルを見た時から(元ネタしらなくても)かなりハートを鷲づかみされるほどのもので、かぼちゃの中身がどんなものになるかすごい気になっていたものです。
かぼちゃの目と口(?)の部分がクリア成形となっているところも非常にポイントが高く、製品全体から「買ってじっくり見てみたくないか?」というオーラが放たれている一品となっている気がします。
ある意味パンツを見せるという一点については、非常に工夫されてると見ることができるかもしれません。(そんなこと考えてないかもしれません)

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ガンスリンガー・ガール ヘンリエッタ

ロリっ娘は暗殺者…いやいやそんな恋人はサンタクロースみたいなフレーズが似合う作品じゃないって事くらいは知ってます。(挨拶)

つまりほとんど知らないっていつものアレでソレなヤツではあります。

小さい女の子がバリバリ銃を撃ちまくっちゃったりするマンガにはいろいろ設定が必要なのはわかりますが、その無駄に(女の子キャラに対してだけ)ハードな設定と時々出てくる妙にエグイ描写が好みの分かれるところではありそうですね。
ええ、キャラとスタイリッシュな描画は好みではあるんですけどねぇ…。

…とまぁ、元ネタにはいろいろ思う所も少なからずあったりする訳ですが、フィギュアの方は発表された時から妙に気になっていたものの一つであり、それは全体からこう醸し出されるプニっぽさだったりするんじゃないかな?
この辺原作ってそんな感じだったっけ?…と疑問符の浮かぶインプレッションではありましたが、フィギュアがかわいいのは「それはそれ」ってヤツですよね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Akibablog Mascot Character ナードたん

To be on or not to be on, that is the question.」…へぇ、はいてないって、not to be on って言うんだ、今度機会があったら使ってみよう。(挨拶)

アキバBlog」さんのところのマスコットキャラ「ナードたん」がいよいよ完成品フィギュアとして発売されました。
最初お友達からフィギュア化の話を聞いた時、「完成品?すごいね、でも最近は同人フィギュアも完成品多いからねぇ…って、メーカーから出んの?
…と、かなり驚いたものですが、実際発売されたものみて更に驚かされました。

”はいてない”のヲタ文化への浸透速度は驚くものがありましたが、ことフィギュア(立体化)に際しては、どうしたって無理があるってもんですよ。
かつて「蒼い海のトリスティア ナノカ・フランカ」が完成品として発売された時は、一般売りである以上叶わぬ夢とはわかっていながら、それでももしかしたら…と、夢を馳せ、まぁ見事に裏切られた訳ですが…。(遠くを見つめる目で)

今回は発売まで見事にその一点についてはうまくはぐらかされ、発売後の店頭では、パッケージまでうまい具合に期待を盛り上げてくれ、帰り着く足を速めてくれたというものです。

しかし、良くもまぁ、ここまで考えて作られてるな…と感動しましたよ。



「しかたない…やっぱり小さいパンツくらいでお茶を濁すしかないんじゃないか?」
「ダメですっ!それでははいてないという命題から目をそらしているだけじゃないですか!」」
…そんな感じで ここに至るまで、その作りに対して様々なドラマが展開されていたのではと想像されるくらいです。(勝手な想像です
プロジェクトX化されるくらいさ!(それはもう終わりました)

最後にすごい早さでレビューがアップされてた

常時リソース不足さん千川オタク御殿さんのところの、『はいているか、否か』に対しての早期バレに対して(特に中身)配慮に感動しました。(深読み過ぎ?)

さていよいよ、最初の問いに答える時がきたわけですが…あっ、君、ネタバレOKなタイプ?

最後に、さすがに今日のレビューは職場で見るのは覚悟した方が良いと思います。
就業中でも巡回OK?(…なわけねぇだろ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グッドスマイルカンパニー 限定版 黒セイバーセット

なんだか、今回のWF購入物ってほとんどカラーバリエーションものだなと今頃気がついたまーしゃです。

こちらは、グッスマ版のトレーディングフィギュアから、黒セイバーとしてリペイントされイベント限定販売(若干数がWEB上で限定販売されましたが)となった訳ですが、エクスカリバーがダイキャスト製ということで単なるリペイントと言う訳ではないです。

もっとも、イベント限定販売ということで以前のシリーズをコンプした方々にとっては、後出しでシクレ出されるような感じでズルイな…と。

まーしゃの場合、通常版の方を集め損ねたんで、いまさらそっちを悔やんでるくらいですけどね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グッドスマイルカンパニー 「舞-HIME 玖我なつき」

ようやく1月下旬の発売ラッシュも落ち着き、貯まっていたフィギュアのレビューに落ち着いて着手できるようになりました。

しかし、12月程じゃないと思っていたけど1月の方がすごかったな…特に購入予定に無かったものの割り込みが多かったというか。
この調子で毎月続いたりする事無いよね?

こう言うのは、うれしい悲鳴っていうのかなぁ…。

そんな訳で、いろいろあって撮り直したり取り返しのつかなかったりしたグッスマ版「舞-HIME 玖我なつき」です。

↑クリックでレビューページへどうぞ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

グッドスマイルカンパニー マビノギ ナオ

さくホビで売り切れて失意の中、珍しくヨドバシで買えました。
しかし、最近はホントに瞬殺カーニバル多いですねぇ。手に入れた人は透け祭り、買い逃した人は後の祭りな訳ですが…。(いつも大抵負け組のくせに)

透け具合が気になっていた人も多いでしょうが、実に上品な透け具合です。もっと透けてた方が良いのに…と思った人はたぶん僕の味方。

脱がす時代は終わったこれからは、剥がす時代だ

↑クリックでレビューページへどうぞ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

魔界天使ジブリール2 聖天使ジブリール アリエス通常版


いまさら通常版とか言われそうですが、それは先日これが届いたまーしゃが一番感じてることだったりする訳です。
年末の発売ラッシュ、コミケ、お正月…偶然がいくつも重なりあって、振り込み期日ギリギリキャンセル寸前での支払いにより、ようやく先週届きました。

『限定版あるのに…なんだ、通常版か…』、「アリエスが通常版でなんで悪いんだ!これは通常版だよ」…と、一歩間違えば、mk2強奪してエゥーゴのエースパイロットになりそうなくらいコンプレックスがありそうな通常版(せいぜいティターンズに捕まるくらいだろ)…実は意外に各所レビューだと評判良かったりしてね

ま、それはそれとして、それだけ元の作りがいいのかもしれないね…ということなのでしょう。
透けてるとか透けてないとかそんなことは重要じゃないのかもしれませんね。

…もっとも、アルター版(AA)の限定版が発売されるとか言ったら、もちろん全力ですよ!

↑クリックでレビューページへどうぞ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Peace@Pieces 百瀬 玉

先日のCUT A「グッドスマイルカンパニー Peace@Pieces 百瀬 玉」です。

人に言われるまでずっと「タマ」って呼んでました。だって、百瀬って来たらねぇ?
でもこれ「ひかる」って読めるのかぁ…。


↑クリックでレビューページへどうぞ。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
5/6 ページ« 最初へ...23456

Home > フィギュアレビュー > GoodSmileConpany Archive

WEB拍手
過去レビューらんだむさん

エクセレントモデルCORE クイーンズゲイト 門を開く者アリス
エクセレントモデルCORE クイーンズゲイト 門を開く者アリス

涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 バニーVer. フリーイング版
涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 バニーVer. フリーイング版

ロボットアニメヒロインズDX 2「ルナマリア・ホーク Ver.2」
ロボットアニメヒロインズDX 2「ルナマリア・ホーク Ver.2」

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top