Home

CUT A NEWS

感動は二度目でもいろあせず…

まぁ、一回目を見に行ったのも先週な訳ですけど…。
そんな訳で三連休には映画「涼宮ハルヒの消失」を観に行ってきました。

「消失」の原作はまーしゃにしては珍しく既読作品なわけですが、今回映画観たあとこれは「消失」読んでない状態で観たかったなぁと思いましたね。なまじおぼろげながらも展開知っていただけに、ちょっと安心して観れたところがむしろ残念、「カズイー、カズイー、オレの記憶を消してくれぇぇぇっ!!」って感じでした。

感想としてはみなさまと同様にキョンの妹の出番少ないところに憤慨した原作を余すと来なく3時間満たない中に詰め込んだ傑作でありました。

最近劇場にあしを向けさせる機会を多くするうまいことオタの習性をついたリピーターキャンペーンがまだやっているか不安ではありましたが、手にいれることができたフィルムブックマーク。

基本的にキャラが映っていれば当たりという高いハードルから考えると、もはやネタ的におもしろいのを引けるかが勝負なんだろうな、せめて「目覚まし時計」とか「こんなもん全然おもしろくねぇぜ」とかは勘弁と思いつつ…。

いやいや期待してないから、ほんっと全然期待してないから、どうせ部室パソコンとか生物ですらないから…っと、相当必死にがっかりの防波堤を作りつつ開いた結果は上記の長門でした。これはあれか?運勢の年度末調整ってやつか?

拍手れす~ありがとうございました~

恒例の忘れた頃に拍手返信…いつもたくさんの拍手ありがとうございます。(たくさんコメントいただきながら申し訳ない)
———————————————————–

なのはレビューきたー!
相変わらず面白いレビューコメントでニヤニヤしちゃいますw
数枚のパンチラがあったとはいえ、パンツが主役の写真がなくて意外でしたw

ありがとうございます。最初にこちらのコメントをいただき気がつきました。まさかパンツ画像だけ載せ忘れるとは、久しぶりのレビューとはいえありえないですね、決していまから児ポ法にびびってるとかそういう訳ではありませんのでご心配なく。(少しは心配した方がイイ)

あれ?ろーあんぐるは?

ぱ、ぱ、ぱんつは如何した? by ろし

パンツは後編でレビューされるのでしょうか?

児ポ法的な配慮でしょうか、パンツ画像が見あたらないのですが(^_^;

そして立て続けのように複数のコメントをいただきまして…これはアレですね、ウチのレビューにパンツが無いのはコミケ後にセンセイさんのイベントレポートが無いくらい不自然なことに見えたってことですね。(どうだろうか?)

なのはレビュー、パンツ追加分UPお疲れ様です!
パンツなかっただけで心がざわついていましたが、無事落ち着きましたw
カメラなどのことは素人ですがまーしゃさんの写真、すきなのでこれからもマイペースな更新、楽しみにしています♪

そして若干数の追加ながら、コメントありがとうございました。画竜に点睛をかかずに済み良かったです。自分にあっま~い人間にとってさじ加減の難しいのがマイペース…余所様のサイトを見習いつつがんばりますので今後もよろしくお願いいたします。

魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st 高町なのは -STAND BY READY- アルター版

ぼくたちは…待っていたんだ…(ガンフロ風)

そこは地獄の最前線エリア88のとなりに位置する地獄の二丁目…The 年度末。フィギュア業界的にも(月前半は)やや控えめな発売スケジュールながらも毎日のように届くモノの撮影もままならない毎日に叫びたくなる声は、スパさんの連日にわたっての更新時間をみてそのまま飲み込むのでした…「はたらきたくないでござるぅぅぅっ!!」(あっ、吐き出した)

9歳なのはについては人気の出始めた頃「なのは As」シリーズとして数メーカーから発売されましたが、フェイトについてはデカ箱伝説の始まりアルターフェイトという傑作がありながらも、なのはについてはなかなか決定版と呼ばれるモノが現れず、その根強い人気にもかかわらずややこしい版権の扱いのせいかか長らく登場を待ち望まれていたものの一つです。

そんなわけみなが待ち望んでいた9歳なのは、「本当のなのはさん」とか「真(リアル)なのはさん」とか「なのはさんじゅうきゅうさいじゃない方」とか(そこまで言ってません)…ともかく愛されている小さいなのはさん、映画版でのリファインにあわせてフィギュア界隈でも再始動というところでしょうか。

かつてアルターフェイトから始まったとも言われるアルターさんの大箱伝説は?…と言えば、店頭で見たときに多くのアルターなのはシリーズ購入経験者は「あら、小さい」と錯覚したとかしないとか…、撮影した後画像に思わず「凛!」と入れたくなるくらい凛々しいなのはさんでした。(どんなだ)

先日のWFでは未彩色ながら映画版フェイトも発表されていましたが、映画版については他のメーカーからの製品化も期待したいところですね…それこそタキ・ry(久々のオチパターンだな)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Pia☆キャロットへようこそ!!3 愛沢ともみ 体操服タイプ限定版 WAVE版

いやいや、誤解しないで欲しいメーカー的においしいとかそういう意味じゃないからね。(どういう意味だよ)

まーしゃは参加したイベントで見かける度についつい多めの撮影枚数になってしまう「みすまる☆ましいさん」のともみシリーズですが…(省略)

今日は前回にひきつづき「Pia☆キャロットへようこそ!!」の愛沢ともみ…のカラーバリエーションとしてPia☆キャロ3バージョン(AM)です。単なるカラバリではなくキット版にもなかったヘアースタイルがPia☆キャロ3バージョンとなっており、差し替えによって二つ合わせて組み合わせは無限大!(4通りじゃねぇか)

↑クリックでレビューページへどうぞ

Pia☆キャロットへようこそ!!2 愛沢ともみ 体操服タイプ WAVE版

みんな~、ともみ好き~?ボクは普通(おぃぃぃっ!!)

いやいや、誤解しないで欲しい。これはPiaキャロにはあまり思い入れ無いけど、みすまる☆ましいさん製作のともみ作品群は大好きさという意味なんですけどね。(なら、最初からそう書いてください)

参加したイベントで見かける度についつい多めの撮影枚数になってしまう「みすまる☆ましいさん」のともりシリーズですが、昔フィギュア雑誌などでガレージキットの写真を眺めながら「どっか完成品として発売してくれないかなぁ…」と情けない消費型的常々思っておりましたが、この度WAVEさんから発売され…しかもバリエーション違い(AM)ありですよ!素敵だ、実に素晴らしい。

WAVEさんから「Piaキャロットへようこそ!! 2 愛沢ともみ メイドタイプ (AA)」が発売されると聞いた時は、うれしさと切なさの天秤が一応そっち方向に傾き、こころのそこから「良かったな」と思ったものです。(なぜ切なさと天秤にかけるん?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

WONDERFESTIVAL 2010冬(ORCHIDSEED編)

メーカー別レポート第3回「オーキッドシード」編になります。まさかメーカー別レポートでオーキッドシードさんが(まーしゃの内的宇宙に)ピンで成立するとはいやぁビックリ!驚きです…もちろんいい意味でね。いや、以前から魅力的なラインナップが多かったのは確かですが、このところヒット作続きはいやが上にも期待が高まるというものですね。(それでキレイにまとめたつもり?)

オーキッドシードさんではWF限定として「リネージュ2 エルフ (AA)」のカラバリと「ウィッチブレイド 天羽雅音(AA)」のカラバリが販売されており、「おっぱいママさん」の方はぜひ手に入れたいと思っていたのですが(11時過ぎに来て図々しい)当然のように完売しておりました

オーキッドシードさんによれば「転売品などは買わずにもう少しお待ち頂けると幸いです」とあるので、再販などを期待したいところです…と言っているウチに公式BLOGで発表された通り、発売決定の様ですね。ただし、新たなカラバリおっぱいママ白水着Ver.(AM)としてですが…。

オーキッドシードさんの展示物のなかでも新製品のサンプルと同じくらいインパクトがあったのが、壁に展示されていた今後製品化が予定されているイラストパネルの数々…、ホントに製品化の目処がついてるのかわからないくらい多く展示されており、近未来早く来いと言う感じでたのしみです。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

クイーンズゲイト第6弾、シリーズ最新作!ついにチャムチャムきたー!

二期であるリベリオンシリーズが始まりストーリーラインができあがってる分キャラデザはおとなしめになるかなと思っていましたが、そんなことはなかったぜフリーダムな方向性はすごい勢いで加速する一方(AA)という今から立体化がとても楽しみなクイーンズブレイドシリーズ

一方、別世界とのつながりをもたせた作品間クロスオーバー的要素を持ち込んだクイーンズゲイトシリーズは、一作目からかなり斜め上のキャラセレクトでしたが(対戦ゲーム的に)、SNK(プレイモア)のサムスピ、KOFなどをはじめとした格ゲーキャラが参戦してきたことによって別の意味でもフリーダムな様相を呈してきましたね。(次はカプコンさんを)

そんなわけで今回はクイーンズゲイトから久々の2キャラ同時リリース、「「密林の守護者 チャムチャム」(AA)」と「「運命のくの一 かすみ」(AA)」が発売されました。

まーしゃ的にはSNKキャラが参戦し始めた時から参戦を期待していた元祖はいてない森の守護者と、なんとなく格ゲーキャラだったことを忘れられてそうなエロバレーのくのいちさんです。

先に「大自然の守護者ナコルル」とかが来るかと思っていましたがあの娘はクイーンズブレイド的チラ見せが難しそうだからかもしれませんね。今回はロリ担当ということで存分にクイーンズブレイドシリーズ的なチラりを存分に堪能する事ができます…チラリどころじゃないのも多いですけど。

基本的に「このページを開いたプレイヤーはチャムがかわいすぎて死ぬ」…と書かれている気がします。

おぃぃぃ、このサル…どこみてんだよ?うらやましくてオレが死ぬ…というイラストが満載されております。

絵師さんはチャムチャム絵描きの第一人者と言って良いというBLADEさん、この人以外考えられない企画というか今回はこの描き手あっての企画と言えるんじゃないでしょうかね。

サル…どけっ!!…ノワの時の憤りふたたび。

恒例のノックダウン絵はお約束の通り…期待は裏切りません。

こちらは「「運命のくの一 かすみ」(AA)」、絵師さんはさんば挿さんカバー裏はどうせ2Pカラーだろうと思ってたらwwww

クイーンズブレイドシリーズの基本的な演出要素はしっかりと抑えられておりまして…ハイ、パンツとおっぱいで構成されていると言っても良いでしょう。

忍者らしい攻撃はないかなぁ…と思って見回してみましたが、「バレーボール攻撃」って…

今回は二人とも絵師さんの魅力をフルに発揮したイラスト盛りだくさん、例によってただのイラスト集としても楽しめる逸品に違いありません。カタや最上級のロリムチ派パンツ無し(はいてない的なアレ)もムネも無し(ステータス的なアレで)、もう一方は本書の半分はパンツでできていますもう半分はおっぱいです…という、久々に正当派クイーンズゲイト(ブレイド)シリーズのロリ&おっぱいペア販売方式を見た気がします。

クイーンズゲイト「密林の守護者 チャムチャム」
クイーンズゲイト「密林の守護者 チャムチャム」

クイーンズゲイト「運命のくの一 かすみ」
クイーンズゲイト「運命のくの一 かすみ」

WONDERFESTIVAL 2010冬(KOTOBUKIYA編)

メーカー別レポート第2回「KOTOBUKIYA」編になります。既に速報で写真はほぼ公開済みな訳で公開順序についてはバランスよく配置していきたいところです…なんのバランスだよ?というのは量的な意味で他意はありません。ほら、この辺でグッスマブースのレポやっちゃうと、もうそれ以降は見てくれないんじゃ(ry

いまさらイベント当日の狂想曲、WFプレイバックコラムは今更当日朝のゆとり入場編となります。

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

WONDERFESTIVAL 2010冬(ALTER編)

先週は速報という形ではありましたが、ひとまず撮影した画像(…のうちから使えそうなもの)はひと通り公開できました。総撮影枚数は1026枚ということで撮った割には撮影範囲がアレじゃね?…毎度イベント会場での撮影の難しさを痛感するのはいつものことでしょうか。

改めてメーカー別にまとめてレポートしてみようという企画、尻すぼみになるのは毎度の事かもしれないけどお付き合いください。速報は基本的に撮影順(回った順)でしたが、レポート本編は元気なうちにアルターさんからです。

実際、撮影順序というのは結構重要ですね。後半のグッスマさんあたりになると気力的にも体力的にも、時間に追われたり、被写体の数的にも少々雑な撮り方になってしまっているのが反省点です…そういうのはむしろグリ(ry

そんなわけで基本的に写真は速報で既出のモノばかりになっていると思いますがメーカー別に再構成、まーしゃのコメントと連載コラム「プレイバックWF2010」を追加しています。さぁ、今回はどこまで続けられるでしょうか?

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

「Tokyo CGM Night 第7話」に参加してきました!

先日(2/13)日本赤十字社の献血ルーム AKIBA:Fで開催されました、dannychooさん主催によるイベント「Tokyo CGM Night 第7話」に参加してきました。

CGM Nightってどんなイベント?って聞かれると、うちのレポをみてもさっぱりだと思うので、AZURE Toy-BoxさんGOOD-DESIGN-REVIEWさんところのレポートを見てみるとよろしいでしょう…なんてったって、うちのレポートは人間が写ってる写真が一枚もないっ!(それをイベントレポというのか?)

今回もドールオーナーへのお誘いがあったこともあって、多くのドールオーナーさんが娘さんを連れてきていました。まーしゃも珍しく引きこもり気味のフェイ子さんを連れて参加してみました。

例によってかなり国際色豊かなイベントではあるのですが、今回はそういう意味でも比較的日本人多かった気もしますね。まぁ、おかげでドールの撮影はじめたらすっかりスイッチ入って他の参加者とろくにお話もできなかったのが悔やまれます。(またかよ)

↑クリックでイベントレポートページへどうぞ

Home

WEB拍手
過去レビューらんだむさん

こどものじかん 九重りん マックスファクトリー版
こどものじかん 九重りん マックスファクトリー版

バンダイ テクモギャルズコレクション
バンダイ テクモギャルズコレクション

OS−IDOL Winちゃん オーガニック版
OS−IDOL Winちゃん オーガニック版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top