Home > フィギュアレビュー > コトブキヤ Archive

コトブキヤ Archive

よつのは 猫宮のの ねこみみスク水オーバーニーソver. コトブキヤ版(白スクVer.)

先週末(先月末)からの新作ラッシュは、月あたまになったことで一旦小休止というところでしょうか?、どちらかというと月末への嵐の前の静けさに通じるものを強く感じます。ただでさえこの時期は毎年、年末セールによるうれしい悲鳴がうれしくない悲鳴になるまでアレしがちだというのにねぇ…。(学習しようか)

箱の大きさに比例するかのような多数のレビューが公開された「はやて」以降は、割とレビューサイトさんの好みや趣向に沿うようにしながらも、多種多数のレビューを見ることができて見る側として、たいへん楽しい月末だったと言えますね。

アルター はやてをはじめとする注目作の数々はまさに王道レビュー、タイミング的にバカでかい箱が気になって購入を迷っている時の参考になりますね。その一方で、さながら新製品の絨毯爆撃の様なレビューでありながらことごとく外角ギリギリを攻めるような製品選定は、一度はスルーした製品をもう一度考え直させるという良い機会を与えてくれますね。(スルー前提にしないでいただきたい)

本来ならうちも「はやて」→「ゼロ」→「ハルヒ」というアルターのジェットストリームアタックを食らうところでしたが、ガイアを踏み台にされた出だしでつまずいてしまった為、レビューできたのはマッシュジブリール・ゼロだけになっちゃいました。

いやぁ、レビューするタイミングって重要だなぁと思いつつ今日は「ずっとレビューがしたかったあの夏の日を思い出して…」、白スク祭りを継続します。
そう今だからこそ!そんな機会を大事にしたいCUT A NEWSです。(発売日にレビューする方を大事にしようよ)

いっそこのまま積んである白スクモノを全部連続レビューしちゃえば?…すいません、できもしないこと言いました

↑クリックでレビューページへどうぞ

フォー・リーヴス ToHeart2 AnotherDays 菜々子 -ネコ耳スクール水着Ver.コトブキヤ版

世にスク水が存在する限りその立体化の際につねにつきまとうのが「白」と「黒(紺)」のどちらを選ぶか…そう、「選びたくない…」、「選ばせないで…」という古来より常に我々に苦渋の選択をつきつけてくるアレです。(あなたとは違うんです)

当サイトの過去ログ的に言えば「2005年7月のスク水テッサ(20日)」の頃からですね(この頃はまだレビューしたりはしてないんだな)、なるほどまるで成長していないつまりこれは宇宙の真理と言えそうですね。もちろん、選びたくないから両方というスタンスについては今後も変えられなそうです。(目の前の壁に沿って生きて行くタイプ)

さて、今回の「菜々子 ネコ耳スクール水着 ver. (AA) 」は既に10日ほど前に「白スク祭り」が開催され、素敵レビュー数々にみなさんひとしきりひゃっほうハアハアされてしまった後だとは思われますが、「黒猫(RA)」まで待てないということで連続白スクレビューになります。
まぁ、白スク水は別腹だからいいでしょう。(まだ言うか)

最近はフィギュアメーカーでもセカンドブランド言える商品展開をしてくるメーカーも多くなってきましたね。
アルターさんとメガハウスさんのコラボブランドであるアルファオメガはともかく、ネイティブさんなんかはマックスファクトリーさんが危険要素を排除したようなわかりやすい展開でより購入層をはっきり分けることができるという意味合いが強そうですね。(年齢制限的なアレで

コトブキヤさんの新ブランド4-Leavesもこのネコ耳スク水菜々子で第三弾、夏のWFで発表があったところから矢継ぎ早の展開に驚かされつつ、かのこん 源ちずる(AM)永遠の妹(AM)という良く言えば新鮮なチョイス、悪く言えば…ほらアレだマイナーな作品のマイナーキャラを立体化というクロノ∞ゲートの時よりはわかりやすいと言えそうですね?(はっきり言えよ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ ビーチサイドVer. コトブキヤ版

一番人気が長門であるのは明白でだと思われますが、出荷量の問題なのかどうにも売り場に溢れがちになる長門さんに比べて、前評判は大抵「まぁ、ハルヒだしなぁ…」とかいろいろ言われつつ、油断してると売り場から消え去るのが意外に早いハルヒさん…なに?みんな実はツンデレなの?

「今が旬」という放送中のものから、「なぜ今更今だからこそ」という懐かしいものまでが入り交じり混沌とした世界を生成するフィギュア業界において、永らくシリーズが続いて愛される作品というのはやはり元作品の人気があってこそというものですね…「Fate」然り、「なのは」然り、「一騎当千」の話は今日はいいな

ハルヒ関連のPVC完成品が製品化されはじめた序盤にしてマックスファクトリー版涼宮ハルヒという早すぎる決定版として語られるほどの逸品が出てしまいながらも、手を変え品を変え(主にバニー)傑作続きのハルヒさん、プライズ製品でも非常に完成度の高いモノ(AM)が発売されたのも記憶に新しいところです。

アニメ二期についてが噂されつつあることを見越してか、夏以降のフィギュアイベントでも数多くの期待作を目にしており、近日発売の涼宮ハルビンアルターさんのハルヒ(AM)ダイキさんのバニーハルヒ(AM)など、発売が楽しみなものが続々という感じですね。

あれ?今日はオチがないんじゃない?そうでした、タキさ~ん、出番ですよ~!!(ほっとけ~ッ!!)
(でも、ほんとに出たらちょっと楽しみじゃね?)

↑クリックでレビューページへどうぞ

ToHeart2 AnotherDays 草壁優季 メイドVer. コトブキヤ版

フィギュアクリップ補足ブログさんでの今回のアンケート(フィギュア適当アンケート56 いわゆるカラバリについて)が、丁度タイムリーなカラーバリエーションについてのアンケートです、当然みんな「ある方が良い」だよな?(この時点での結果をみて愕然とするまーしゃです)

今回の「草壁さん(AM)」は従来までのメイドとは違うナニかミニスカメイドではなく、デザインだけで言えば一番正当派風な上にロングスカートということでこれをピンクメイド版にしちゃうとその辺台無しというか、ちょっと空気よめよと言われそうなところでありますね。

しかし、この草壁さんキャラ人気にかかわらず全キャラ網羅の制服版は無かった事にしたとしてもともかく、水着Ver.や今回のメイドVer.(しかもカラバリ付き)と実に優遇されていますね~。しかし何故?(失敬だな)と困った時のエロゲ小姑の解説によると…。

最初の定番「このみ」&「タマ姉」の後、絵師さんによる描きおろしによる立体化企画、「みつみさん」の由真、「甘露さん」の愛佳、そして「なかむらたけし先生」の草壁さんなんじゃないか、ということらしいです…直後「じゃあ、双子の方にしてくれよ」と言ったまーしゃにお約束のツッコミが炸裂、なるほどそういうことなのですね。

そうなると、次はなさそうな気もするけど「カワタヒサシ先生」の番ですね!

個人的には、ここで強烈に黄色のターンを主張したいところですが、花梨の他は、「るーこ、菜々子、ささら、まーりゃん先輩」というそうそうたる面子ですもんね。

こりゃ意外に役立たずな神龍でもかなられなそうな願いだってのはわかってますから…。(ナメック星の神龍なら)

そんな訳で、これが限定版という言葉に踊らされた宿命とたたかい続ける男の矜恃!
レビューを見た後は、素直な気持ちレッツ!回答!

↑クリックでレビューページへどうぞ

シャイニング・ウィンド マオ コトブキヤ版

今回の「マオ」ですが、エルウィンと同じく「シャイニングティアーズ」から引き続いての登場キャラとしてその「ティアーズ版」は既に、プレジデントジャパン版マックスファクトリー版(AA)(片方は水着だけど)で製品化されております。プレジデントジャパンにしては赤い瞳のドールアイもナイスでしたね。(余計なこというな)

コトブキヤさん的には、アレ(AA)が黒歴史的な扱いになってることを考えると新シリーズになってからの参戦でありながらも、乳姫(AM)縞パン(AM)隠し乳(AM)そして先月発売されたエルウィンと好調で、既に再販分まで品切れのものあったりして、今回のマオはその中でも特に気になる一品だったのです。
どこが気になっていたのかは言わなくてもわかるでしょう。

来年の夏までには20体の発売が予定されてるとかShineなBlogさん、いつもご紹介ありがとうござます)そんな話もありますので、ここはやはりコトブキヤ版初のブランネージュ(AM)に期待したいですね。(ほっとけ)

コメント、画像追加しました

↑クリックでレビューページへどうぞ

シャイニング・ウィンド マオ コトブキヤ版~PREVIEW~

ゲームの評判はともかく、フィギュアでの製品化はハンパ無いシャイニングシリーズ、めざせ「一騎当千」シリーズって感じですね。(うわっ、微妙だ…失敬な)

非常に世界観を感じさせる和洋中足して割るのを忘れたような独特なコスチュームが特徴的とも言えるシャイニングシリーズではありますが、今回のマオは前作の忍者っぽいコスから一転、チャイナ服っぽくもありレオタードっぽいフレイバーを感じさせる、エロさだけで言えばを足してから引いたようなところはあるんですがが、チャイナ服とレオタードのイイトコ取りって感じで、サイドにスリットのあるレオタードって考えると実に変態的ですね(ぉ

イラストとは違うイメージながら、かわいらしい作りで元気いっぱいな感じで、ぴったりとカラダに密着したコスチュームは大変よろしいです。
特に張り付いたおなかの部分はおへそがクッキリと浮き出ていて、どう考えても腰回りのサイズ間違えてるだろうというレオタード(か?)が素敵すぎます。

羽織っているジャケットは外す事が可能で、デザイン的にもフィギュアの作り的にも非常によく考えられており、その下のコスチュームの分割線を絶妙隠すような作りとなっているのは見事ですね。

しかし、なにより気になるのはその下の服の分割線…。
これはアレかね?デフォでは無理だけど、実はもう一段階無理矢理アレできちゃうとかそういう事なのかな?そういう事なのかな?

↑クリックでレビューページへどうぞ

戦国ランス 鈴女(すずめ) コトブキヤ版

コトブキヤさんから「戦国ランス」シリーズが発売される…その第一弾のセイバーさん上杉謙信が発表され、前回WFのコトブキヤさんブースにおいてはそのシリーズ展開が期待できそうな力の入ったプロモーションががなされており、いやが上にも今後に期待が高まるというものです。

なにしろToHeart2シリーズなどで超ロングスパンでの製品展開でコレクター達に終わり無い戦いを強いらせているコトブキヤさんです。

それこそコトブキヤさんが本気で「なのは」シリーズを製品化してくれていれば、きっといまごろはボルケンリッターもシャマルを残すのみというところまで製品化されていることでしょう。(シャマルが最後なのは決定事項なのかよ)

さてその戦国ランスシリーズ第二弾は「鈴女 (すずめ) (AA)」、序盤からいつの間にか仲間となり即Hシーン、またゲーム的には強力な能力を持ったユニットでもありランス的にもプレイヤー的にも非常に都合の良い娘であり、露出の多いエロさ満点という点ではシリーズ第二弾としてのツカミ的にもよろしく、メーカー的にも実に都合の良いキャラクターな訳ですね。(ほっとけ)

↑クリックでレビューページへどうぞ

シャイニング・ウィンド エルウィン コトブキヤ版

フィギュアをコレクションという視点から見ると、ラインナップの充実したシリーズモノというのはありがたくもあり、途中で引き返す事のできない一本道の様なものであります。
ひとつでも買い逃した時のとりかえしのつかなさ常に背中合わせにあることもあって、全部揃えた時の充実感は計り知れないものがありわけです。

レビューとしてシリーズものに相対する場合、やはり勢揃いした集合写真というものはまさに圧巻といえる見どころとなりますね。
AZURE Toy-Boxさん、サイト名変更&200,000HITおめでとうございます、コンプリートへの道応援しています。

まーしゃも、少し前にシリーズ完結集合写真を撮る機会がありましたが、なかなか良いモノですね。(お前のは一人足りてねぇだろ)

さて、シャイニングほにゃららシリーズ(主にティアーズ&ウィンド)は、ゲームの知名度の割に多くのメーカーから多数のキャラが発売されていおり、エルウィンは「ティアーズ」からのヒロインということで立体化の機会も特に多かったのですが、コトブキヤさんからは初の製品化ですね。

シリーズモノの製品化において異常に勢いのあるコトブキヤさんのラインナップは、既に「ToHeart2」シリーズなどでおなじみですが、この機会に乳姫(AM)縞々パンツ(AM)の再販まで用意してくれるとは、本気で後戻りのできない道へ誘う気の満々のようですね。

↑クリックでレビューページへどうぞ

FORTUNE ARTERIAL 千堂 瑛里華 ゲーマガ版

限定品の通販の申し込み、その中でも受注生産と銘打たれている誌上通販などの場合、えてして実際に発売されるのはかなり先ということもあり、購入意欲という点では少しばかり盛り上がりに欠けるものです。

もちろん、予約殺到リロード祭り開催即瞬殺という、歓喜と絶望の二択を強いられる限定数の決まった販売方法はまさに社会の縮図、福本マンガに見られるサバイバルレース
ソレ比べれば、その手の競争にめっぽう弱いまーしゃとしてはありがたい事この上無いのです。(未だに予約できない情報弱者(AM)

そんなわけで大抵この手の予約は、欲しいとは思いつつも締め切りの前日まで放置気味の上、慌てて消印ギリギリに郵便局へ駆け込むということを繰り返しているまーしゃです。(この辺、その人の生き方の縮図と言えるね)

まぁ、今回については、一枚の部分拡大画像を某所で見かけ「これはすごい盛り上がりだ(性的な意味で)」…と、躊躇無く予約したものでした。(アレは速かったなぁ)
どこの部分の拡大画像かと言えば…君はわかるかな?

↑クリックでレビューページへどうぞ

Art of Yamashita Syunya しおん SHION

もうスルーするなよ?」「これ以上やるとホントにファンの人に怒られちゃうからな絶対スルーするなよ?」「絶対だからなっ!」…と言われてる気がしてなりません。(誰も言ってませんから)

コメディの基本の一つに「繰り返し」があるといいます。
この流れで「4人目」はあり得ないと言うくらいおいしいパスを皆様よりいただきまして、「今夜のしゅんやモノNot4人目)」がはじまります。
そんな要素はフィギュアレビューに必要ないというところは、この際アレしておきましょう。

タイミング的には、ちょうどイイもの(RA)が発売されたんじゃん?
明日こそ買いに行くぜ!>縞パン丸だしうっかり女子高生「山下しゅんや氏 有栖川 椎」胸像フィギュア 発売+サンプルアキバHOBBYさん)

↑クリックでレビューページへどうぞ

2/8 ページ12345...最後へ »

Home > フィギュアレビュー > コトブキヤ Archive

WEB拍手
過去レビューらんだむさん

コトブキヤ「ToHeart2 ルーシー・マリア・ミソラ」
コトブキヤ「ToHeart2 ルーシー・マリア・ミソラ」

バンダイ テクモギャルズコレクション
バンダイ テクモギャルズコレクション

百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版
百花繚乱 柳生十兵衛 アルター版

Amazon
あみあみ
Search
Feeds
Meta

Return to page top